HOME   »  
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



今日は休みだったので、ビッグオーを一気に塗ってしまいました。

とりあえずストレートで組んで下地処理だけしていたので、ラッカーでガガっと塗ってみました。

鋳造の鉄っぽいイメージにするため、メタル系の塗料を使ってみたかったのですが手元になかったので、
タミヤの銀パテをブラックで溶いたもので代用してみました。

銀パテの光沢とツブツブ感でそこそこな感じになったのですが、筆ムラが少し見苦しく感じるような気がします。

ちょうど、鉛筆の粉をこすりつけたような感じになりましたが、やはり少し違和感ありです。


筆塗りは、普通の色を塗る分には、筆ムラでタッチをつけることで、強みいうかメリットがでてくると思うのですが、
メタル系の色とは相性が悪いのかも、と感じました。


111103_1936_01.jpg

金色の部分は、あまり冒険せず黄色の上にクリアオレンジを塗りました。


このままでいいのかどうか、コイツは少し放置して考えてみます。





僕は雑な性格で不器用なので、最近は意図的にキットの改造はしてきませんでした。

過去ログを読んでいただければ分かりますが、手を加えてしまったばっかりに、素組みよりも変で見苦しくなってしまう事が多々ありました。
ですので、最近作ったものは出来るだけ手を加えないようにしてきました。
まぁ、素組みでも充分かっこいいキットだけ作ってきたのもありますけど。(笑)


ですが、そうではいかない事になりまして。   ちょっとリハビリも兼ねてFGザクを作っています。



CA3I0110.jpg


定価300円なので、好きなよう出来るのが良いところですね。
パーツ分割もモナカなので好きなように切り刻めます。
全体から見ると少しキツイのかもしれませんが、パーツ自体はカッコよさげな形をしていると思います。


プラモデルはただの素材だ。と良く言われますけども。
このFGザクは他キットに比べて、より素材って感じが強い気ががします。


CA3I0109.jpg

とりあえず頭部を詰めて、胴体をハの字カットして、あとは関節をニッパーでバキバキ切ってアルミ線でつないだだけ。手に持ってるのはプラ材で作った爆薬筒。

何がリハビリだ。って感じの大ざっぱでシンプルな改修ですね
関節をシーリングして、もう少しだけ手を加えたらそれで終わりです。


では。

waveのケッツァー。我が家にも届きました。

シュトラール製スーツが安価で手にはいるなんて、ma.kを知った頃には思いもしませんでした。

「ケッツァー」はシュトラール軍の第二世代スーツ「グスタフ(G型)」の全体的な性能を向上させた発展系「コンラート(K型)」の夜戦用です


出来も非常に良く、言うこと無しです。

CA3I01000001.jpg


溶接跡を追加したら、早速塗りに入りたいと思います。

久しぶりにお買い物をしました。



しばらく行ってなかった模型店に行けたのでよかったです。
久しぶりに行くと、今までずーっと欲しかったビッグオーのキットが! 嬉しくてつい買っちゃいました。

そして隣にはタカラのバンブルビーのキットが。 こちらもずーっと欲しかったので買ってしまいました。


CA3I00940001_20110923202502.jpg





ではビッグオーから。

スナップキットのモナカです。 形はとてもかっこいいです。 合いも良いですし作りやすいです。
関節は必要充分動きますし、指なんか全可動になっていてすごいです。 
超おすすめです。

110923_2004_01.jpg

ですが、昔のバンダイ製なのでバンダイエッジが激しいです。
最近のガンプラはまだしっかりエッジ立ってる印象ですが、10年前のキットなのでゆるゆるです。

僕はやすりがけが模型作りの中で一番苦手で嫌いなのですが、辛抱して作業しなければならなさそうです。







次はバンブルビーを。

タカラの製品だそうです。
前に聞いた情報では、合いが悪かったり上手くダボがはまらなかったりするそうでしたが、実際そこまでひどくないです。

やすりとピンバイスがあれば全然だと思います。


形はかっこいいですし、可動もアクションフィギュア並みに動きます。
ディテールも一見細かいのですが、可動と無理に両立しようとしてるせいか中途半端かな、と思いました。

110923_2005_01.jpg

工作をするのは苦手なので、このまま塗装に入ろうと思います。
メカ部分の塗り方なんですが、一体どうしたらいいのかなぁと困っています。金属色なんてもってないですし。

雰囲気重視で、適当にやりましょうか。






今月はガンスの再販があるそうなので楽しみですね。出費は増えますけど(笑)


台風のおかげでクレーテを少し塗れました。


事前に、コレだけの大きな面積を塗ろうと思ったら、
いつもの塗料の濃度では全体を覆いきれずに、光が透けてしまうと思ったので
今回は実験的にいつもよりも濃いめに溶いた塗料で塗りました。 塗料1 : 溶剤0,5~1 くらいです。(いつもは1:2~2,5です)


必要以上に光が透けてしまうと、なんだか軽い印象を受けるように思います。
正直、前前回のエントリのラプターは少し光が透けすぎているように思いました。反省です。


濃い塗料と言ってもベタ塗りはせず、少しすつ色を変えた塗料を、タッチを残せるように塗りました。
エッジを消さないよう、しっかり表面を覆い隠せるように頑張りたいです。



110921_2141_01.jpg

迷彩の境界線はよれよれですが、これは何となく雰囲気を掴むために塗ってみただけなので大丈夫です。

全体的にまだ色の幅がせまい印象を受けます。 青めのグレーなので、補色のオレンジ系の色をどこかで絡ませていきたいです。





Ball Joint Project
Ball joint project.
一日も早い被災地の復興を心よりお祈り申し上げます
プロフィール

ohyea9

Author:ohyea9
大分県からはじめまして。
高校生です。模型が好きです。更新はさぼり気味です。

・リンクはフリーです。

・好きな物 
炭水化物と果物。オレンジ色と青色。かっこいいロボット。


 

文字サイズ変えられます
FC2カウンター
FC2ブログランキング参加中です
ついったー
お気軽に~
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。